県営二宮団地に大型コミュニティルーム

 神奈川県県土整備局は県営テラス自治会、再生協議会を窓口にした地域団体に、県営団地建替え計画の概要を説明した。現在の敷地の半分を使って鉄筋コンクリート地下2階、地上3階建て4棟(106戸)を新築する。来年度下期から解体工事を始め、令和8年度までに工事を終える。南端の1号棟には居住者のほか、周辺住民も利用可能な200㎡規模の集会所(コミュニティルーム含む)を開設する。住民の健康づくりやコミュニティ活動に生かしてほしいとしており、今後はこの新スペースの活用、運用態勢づくりを地域ぐるみで検討することになる。

 神奈川県は昨年、同団地を「健康団地」として建て替える方針を決め、基本設計に入っていた。計画では、県営テラス22棟を除却し、第1期工事(令和4年度新築着手)で2棟、第2期(同7年度着手)で残り2棟を完成させる。敷地北側の残地(約9,300㎡)は入居者の移転用地とし、計画終了後に売却の見込み。
 
 敷地内には公園や広場、花壇、菜園などを整備するが、注目されるのは1号棟1階のコミュニティルームを含む集会所やコミュニティ広場。集会所の約半分を周辺住民が利用できるようにし、団地自治会との連携により大規模施設として一体使用が可能な設計になっている。一体使用する場合の面積は、詳細設計次第では現在の百合が丘児童館ホール(124㎡)より広くできる可能性もある。

 入居者が関わる団体で、住民の交流促進、健康増進など公益的な活動であれば、このスペースの使用許可を与え、使用料も減免する、としている。コミュニティ広場は、利用者のための臨時駐車場としても活用できる。最大駐車台数は50台ほど。
 神奈川県は説明の中で、コミュニティルームの使用主体として、広域地域を括る現在の地域再生協議会のような組織をイメージしている模様。ただ、再生協議会は令和3年度末で組織解消される見通しで、地域側の窓口の編成、県営自治会との協力関係などを早い時期に固める必要がある。

協議会だより71号を発行しました

●協議会だより71号の主な内容
  ・Facebookに「地域応援隊」
  ・「ポスト協議会」の議論始まる
  ・国交省の空き家対策助成・190万円が確定
  ・来年のラディアン・やまゆり里山音楽祭・11 月 6 日(土)
  ・一色小・ヤマユリ公開、来場者 320 人

「協議会だより71号」は【こちら】

国交省の空き家対策助成が確定

 国交省に提出していたR2年度空き家対策助成申請が7月29日付で確定した。空き家対策部会(廣上正市部会長)の申請内容について採択の連絡をもらっていたものの、その後事業内容、事業経費の細部についてやり取りが行われ、このほど正式申請が受理された。同事業の助成は3年連続。今年度は「町外からの呼び込み」を組み込んだ内容になっており、新型コロナウイルス対応にも配慮しつつ早急に事業実施に踏み切る。

 助成対象事業名は、一色小学校区地域空き家等循環再生事業。支給上限額は1,901千円。国交省によると、今年度は117件の応募があり、採択されたのは59件。

R2空き家対策合格通知は【こちら】

 計画では、①「住まいの終活・利活用読本」を活用した研修会・シンポの開催 ②移住・循環居住を支援するコンソーシアムの形成 ③ワーケーションプログラムの提供による移住促進――の3本を柱にしている。9月にも部会を開催し、別添図にあるような事業を実施していく。

応募事業の概要(1)は【こちら】
応募事業の概要(2)は【こちら】
応募事業の補助の期間内の事業実施工程は【こちら】

R3年11月6日(土)に、ラディアン・やまゆり里山音楽祭

 新型コロナウイルスの影響で開催が延期になっていたラディアンでのやまゆり里山音楽祭の開催日が、R3年11月6日(土)に決まった。ラディアンの開館20周年を記念しての無料貸し出し企画への参画で、これまで一色小学校で開催していた音楽祭の全町版。音楽活動部会(三浦憲門部会長)が開催希望書を提出し、今秋の開催が決まっていたが、新型コロナウイルスの収束のめどが立たないことから翌年度へ延期になっていた。

 計画では、町内の有力タレントを中心にプログラムを組み、やまゆり合唱団なども出演する。本番まで相当時間があるので、プログラム、出演者など周到に準備していく。
 ラディアン20周年企画には再生協議会を含め、4団体が合格しており、事務局の町・生涯学習課からイベントの開催希望日の提出を求められていた。
他団体の開催日は写真にある通り。

一色小・ヤマユリ公開、320人来場

 友情の山部会(岡村昭寿部会長)が7月末に開いた一色小・ヤマユリの一般公開は、降雨による縮小はあったものの、ほぼ予定通り開催できた(写真①)。
23日(木)からの4連休開催のうえ、咲き具合とのミスマッチも少なかったこともあり、4日間の入場者数は320人に達した。4日間のうち23日(木)と26日(日)は昼頃からの降雨で午後は中止したので、実質は3日間開催と言える。24日と26日の屋外でのヤマユリ・山野草説明会(写真②)には20~30人の出席者があり、24日には湘南ケーブルが終日取材を行った。

写真①
写真②

 ヤマユリの花数は約200株、例年より花数が少なく、全体として小ぶり、という声もあったが、町内での久しぶりの公開イベントであることもあって入場者数が注目された。「320人」の評価については難しいものの、朝方は4日間とも降雨になりそうな空模様だった、コロナ対応で外出を控える人が多かった――なども相当影響したと思われる。神奈川新聞、読売新聞、タウンニュースなどの紹介はあったが、PRについてもやや控えめにしたという事情もある。

 会場内の誘導は百合1、2、緑が丘、一色の公園愛護会がマニュアルに沿って対応した。入場者へ注意を払いつつ、「友情の山の山野草たち」を販売し、80冊近く捌いたのも良かった。ただ、公開終了直後、東口近くの背高ユリが切られるなど、保護・育成の動きとは裏腹の出来事も起きている。

音楽活動部会がZoomミーティング開催

 音楽活動部会(三浦憲門部会長)は8月9日(日)、オンライン(Web)会議ソフトZoomを使った部会を開く。新型ウイルス感染対策もあって一堂に会するのは簡単でないこともあって、企業などで幅広く使われ出したZoomミーティングに切り替える。案件は、9月以降のやまゆり合唱団の活動について。17人の部会員が参加する方向で準備しており、初の試みがどのような展開になるかに関心が集まっている。

 Zoomミーティングの開催は、6月末の会合で決まった。合唱団を指導する4人の先生を含めた17人の部会員のうち約半数がすでにZoomの体験者で、未経験者には同ソフトのインストール、PCやスマホの操作をアドバイスし、事前練習などを行って本番に備える。メンバーに対する事前調査では、ごく一部を除いて利用機器やOSなどの課題は乗り越えられる見通しだ。「本番までまだ十分時間がある。必要な準備をして実りあるミーティングにしたい」(三浦部会長)と張り切っている。

「9月再開」を検討―やまゆり合唱団

 音楽活動部会(三浦憲門部会長)は6月28日(日)、百合が丘児童館で合唱指導の先生を交えた部会を開き、7月以降のやまゆり合唱団の活動について意見交換した。その結果、7月、8月とも合唱団の練習再開は見送り、9月以降で準備することになった。このため、8月初めにはZOOM(会議ソフト)を使った部会を設定し、秋以降の進め方について結論を出す。

 同部会の活動では、10月に予定していたラディアンでのやまゆり里山音楽祭が来年に延期になり、70人のメンバーを擁するやまゆり合唱団の活動も休止中。合唱団については6月までの中止を決めているが、練習会場の百合が丘児童館の利用緩和もあって、7月からどうするかを詰める必要があった。

 部会では、パートリーダーから練習再開の希望が多く出ているなどの声も上がった。しかし、3蜜対策や発声などに対する配慮が引き続き求められる中では、多くのメンバーが集まるのは難しいとの判断で一致し、当分の間は秋からの再開の在り方につての検討期間とすることになった。
また、練習再開の見通しが立った段階では、YouTubeなど新しいスタイルでの発表方法についても研究することにした。

音楽活動部会の様子

「ポスト再生協議会」の検討、三浦氏を議長に選出―拡大部会長会議

 再生協議会は6月26日(金)、令和2年度最初の拡大部会長会議を開き、6事業部会活動の見通し、第2期事業終了後の協議会活動などについて話し合った。最大テーマの第2期事業終了後の在り方については今後、数回の会合を開いて方向性をまとめることを確認。一色小学校地区の将来を見据えた幅広い議論を行い、コンセンサス形成を目指すため、新たに三浦憲門氏(音楽活動部会長)を議長に選出した。

 同日の会議は令和2年度の新体制発足以後の初会合。小島・町地域政策課長をはじめ新役員の紹介、公共施設利用のガイドライン説明の後、各事業部会長から活動状況・見通しの報告があった。公的施設の利用制限が緩和されたものの、依然として制約や配慮すべき事項が多く、ウイルスの第2波、3波の懸念もあることから、各部会とも慎重に対応していくことを申し合わせた。

 地区内自治会長、地区長が加わった拡大部会長会議発足の目的である「ポスト再生協議会」の在り方検討では、平成28年度の発足以来の活動内容、事業予算、地区内の人口・高齢者数推移などについての説明にとどまった。現事業活動の先行き、組織問題などについての議論は新選出の三浦・新議長主導で次回から本格化する。

拡大部会長会議の様子